ミツロウバームとバター

ミツロウとは

ミツバチの巣の材料となっている蜜蠟、最近では様々なコスメに使われているので、目にしたことはあるでしょうか。

この蜜蠟、元はミツバチの蝋分泌腺から分泌されたもので、本来は透明なのですが巣が使用されていくうちに花粉やプロポリスなどがついて黄色っぽくなります。

花粉の付着による花粉に由来するビタミン・ミネラルやカロチンなどの色素や芳香をもちます。

当店で使っている蜜蠟は未精製の物を使用しているので、蜜蠟の有効成分が多く、若干香りも残っています。そのため、花粉やプロポリスなども含まれているため、アレルギーを起こす方もおられます。その場合はすぐに使用をおやめください。

また、ポツリヌス菌によるリスクも考えられるため、1歳以下の乳児の口に触れるようなものには使わない方が良いでしょう。


ミツロウバーム

ミツロウとホホバオイルにエッセンシャルオイルを混ぜたものです。

講習費     50g 2000円

ミツロウバター

ミツロウとホホバオイルにシアバター、エッセンシャルオイルを混ぜたものです

講習費       60g  3000円

上記のミツロウバターに紫根エキスを含んだもの

講習費     60g    3500円

蜜蠟は保湿力が高く、他にも、抗菌性・防水性に優れており、また抗炎症作用も持つため、肌の炎症や切り傷、軽いやけどにも利用できます。敏感肌や乾燥肌、肌を守る効果があるので、民間薬として漢方薬の材料や軟膏にも使用されています。

肌は水分と油分のバランスが大事です。しっかりと保湿をしてからバームでふたをするように使用することで、水分の蒸発を防ぐことができます。

また、このような特性からハンドクリームとしてしようすると、防水性が高いため、塗り返す回数が減らすことができます。


使用したお客様の感想

◎肌の調子が良くなった、翌朝の洗顔するときの感触が違う

◎ニキビが小さくなった

◎しわが気にならなくなってきた

◎鼻をかみすぎて痛くなった肌にしみない

◎化粧下地として使ったら、自然なつやが出た

◎ヘアワックスとして使える

◎どのハンドクリームもしみて使えなかったが、これは使えた

◎肌トラブルを起こさなくなった


個人的な感想ですので、効果を保証するものではありませんが、皆さまリピーターとなり、全身に使ってくださってる方が多いです。

そんな私が一番長く使って2年超えましたが、日焼けによるシミが薄くなったり、肌荒れを起こさなくなりました。

手はいつも綺麗ねと褒められます。


ご希望の方は、お問合せ下さい。